COMSA(コムサ)の発行枚数と資金調達額から将来性を予想

COMSA(CMS)は、仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロ社が発行するICOトークンです。この記事では、COMSAトークンの発行枚数と資金調達額から、将来の伸びしろを予想します。

COMSAの購入できるのは、取引所「Zaif」のみです。→口座開設はこちらから可能です。

COMSAはICOトークン

COMSAは、テックビューロ社が資金調達を行うために発行したICOトークンです。ICOは、Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略で、独自のトークンを発行し、公開販売することで資金を集める新しい資金調達の方法です。

ICOとは何かについて詳しく知りたい方は、下記のリンクで解説しています。

ICOとIPOの本質的な違いとは? IPOは投資の民主化だ!

COMSAの発行枚数と資金調達額?

COMSAの資金調達額は約100億円と公表されています。しかし発行枚数については、公表されていません。発行枚数を公表しないのは如何なものかと思いますが、トークンセール時の販売価格が1CMS=1USDで行われたことから、おおよその発行枚数は予想できます。

下記がトークンセールで発行された枚数の計算式です。

販売枚数の計算
100億円(資金調達額)/ 110円(1USDのレート)≒ 9100万枚

実際にはリフェラルボーナス等があるため枚数はこれよりも多くなることが予想されますが、おおよそ1億枚近くのトークンが販売されたと言えます。

上記は販売数ですが、実際に発行された枚数は、それ以上に多いです。ホワイトペーパーには下記の記載があります。

トークンセール終了時、トークンセール参加者分と同数のトークンを足した数を以て、総発 行数はそこでロックされる。言い換えれば、申し込み数を100とした場合、もう100が追加発行されることとなる。

引用元:COMSAホワイトペーパー

つまり、販売された枚数と同数が追加発行されます。つまりそう発行枚数は下記の計算で求められます。

 

総発行枚数の計算
【販売枚数】100億円(資金調達額)/ 110円(1USDのレート)≒ 9100万枚
【総発行枚数】9100万枚 × 200%(追加発行分)= 1億8200万枚

COMSAの保有割合は?

ここで気になるのが、COMSA(CMS)を誰がどれだけ保有しているか?という点です。ホワイトペーパーには下記の通りテックビューロ社がどの程度保有するか記載がされています。

この追加発行された100を分母として、そのうち10%がトークンセールのリフェラルボーナ スとして紹介者に配布され、40%は既存のテックビューロ経営陣、ステークホルダー、開 発者、従業員、契約社員、そしてCOMSA​ ​ICO協議会運営に配布される。50%はテック ビューロが保持し、将来の開発、将来の配布、マーケティング、パートナーシップ、報酬、 事業拡大などにあてがわれる。

引用元:COMSAホワイトペーパー

つまり、追加発行分の9100万枚が上記の通り分配されることとなります。分配枚数を計算すると下記の通りとなります。

保有者
保有割合
保有枚数
一般販売のボーナス10%910万枚
テックビューロ社員50%4050万枚
開発資金40%3140万枚
合計100%9100万枚

テックビューロ社は、かなりの資産を保有していると言えそうですが、この保有分に関して売却には条件があります。ホワイトペーパーには下記の記載があります。

ロックアップ予定数:発行総数確定後に発行総数の33%。
ロックアップ期間:2018年12月末日まで。

引用元:テックビューロ社

つまり、テックビューロ社が保有するCOMSAトークンの33%は、ロックされて2018年の12月末日まで売ることができない条件がついています。

最後にまとめると、発行枚数は下記の計算で算出できます。

総発行枚数の計算
【販売枚数】100億円(資金調達額)/ 110円(1USDのレート)≒ 9100万枚
【総発行枚数】9100万枚 × 200%(追加発行分)= 1億8200万枚
【ロックアップ枚数】1億8200万枚 × 33% ≒ 6000万枚
【有効枚数】約1億2000万枚

発行枚数から将来を予想

かなり価格が低迷してきていることがわかります。この原因は、ICOに対して日本の金融庁はかなり慎重な対応をとっており、日本市場での販売が主だったCOMSAはかなりの悪影響を受けていると考えられます。

また仮想通貨バブルの崩壊により、相場全体の下落に伴って、価格が落ち込んでいます。売りのクライマックスが過ぎ、徐々に復調傾向にある仮想通貨市場ですので、かなり安く買える時期だと思います。

しかし、今はかなり安く買える時期ではありますが、12月末日に総発行枚数のうち、33%のトークンのロックアップが解除されます。33%ものトークンが自由に市場で現金化できるとなれば、市場は相当不安定となります。12月末に向けて価格がどのように動くかは注視しなくてはいけません。

COMSAの購入はZaifのみ

COMSAトークンを購入は仮想通貨取引所のZaifのみです。COMSAに興味を持たれた方は口座開設だけでもしておくことをオススメします。

公式サイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください