【誰でもわかる】ビットコイン(bitcoin)の仕組みを分かりやすく図解

ビットコインの仕組みに関して誰にでも分かるように図解していきます。

これから仮想通貨を購入しようと思っている方、なんか怪しいと思っている方、この記事を読んでビットコインの可能性を感じてもらえたら嬉しいです。

ビットコインは決済システム

ビットコインは、通貨ではなく決済システムです。

2009年にサトシナカモトと言う人物が「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」と言う論文をインターネット上に公開しました。

この論文はPeer-to-Peerを用いた決済システムの提案でした。

Peer-to-Peer(P2P)とは、人(peer)と人(peer)とが直接繋がっているシステムを言います。簡単に言えばネットワークのようなものです。

Peer to Peerとは?
コンピューター同士が対等に通信を行うのが特徴である。
Peer to Peerとは、複数の端末間で通信を行う際のアーキテクチャのひとつで、対等の者(Peer、ピア)同士が通信をすることを特徴とする通信方式の一分野を指す。(wikipedia

つまり、人と人とが直接繋がり、決済を可能にするシステム=「ビットコイン」を提唱した論文だということです。

この論文の日本語訳は下記のサイトで読むことができます。

MEMO
ちなみに、この論文を投稿はインターネット上に「サトシナカモナカモト」というペンネームで投稿されたため本人が誰かわかっていません。いまだに正体がわかっていないのです。

既存の銀行の決済の仕組み

ビットコインを理解するには、既存の決済システム【銀行】を理解する必要があります。

仮に、山田くんと田中さん二人の人物がいるとします。

山田くんが田中さんに5000円を渡したい場合、直接手で渡す場合は下記の図のようになります。

直接手で渡せる場合は問題ないですが、取引する人が増えた場合や、高額の取引は直接ではとても不便です。

そこで現代では銀行が仲介して通貨を送金しています。

銀行は送金で何をしているのかと言うと、下記の図に書かれているように「山田さんから田中さんへ5000円が振り込まれた」というデータを元帳に記載し送金を行なっています。

また、銀行は山田さんと田中さんの取引以外の全て取引も中央のサーバーで記録・管理を行なっています。

銀行の膨大な管理コスト

上述のように銀行は全ての取引を中央集権で管理しています。

元帳データの改ざんや不正利用が行われないように銀行は膨大なコストをかけて管理しています。

それでもシステム障害が起きることもあるのですね。

参考 みずほ銀行のシステム統合プロジェクト、投資額が4000億円台に膨らむ日経TECH

銀行は信用できるのか?

膨大な管理コストの問題以外にも銀行自体が信用できるのかという問題も存在します。

日本でも銀行が破綻するリスクはありますし、先進国以外の国々は破綻のリスクをより身近に感じる環境下にあります。

 ビットコインは非中央集権

ビットコインは銀行のように中央で元帳データを管理する仕組みではありません。

ビットコインは非中央集権な管理システムを採用しています。つまり今まで銀行が元帳で管理していたものを、みんなで管理しよう!という仕組みです。

ビットコインはオープンソースなソフトウェアで誰でもインストールすれば使うことができます。そして全ての元帳データを誰のパソコンにもインストールできます。

世界の何万人もの人が元帳データを持っているため、特定のPCのデータが壊れてしまったとしてもすぐに復元することができます。
世界全体に散らばっている元帳データを同時に全て消すことは理論上不可能です。これがビットコインの強さと言えます。

銀行のような中央集権な管理方法だと、中央を壊せば全て消えて無くなる訳です・・・あなたの銀行は安心なのでしょうか。

下記がビットコインのノードの分布です。この全てが元帳を管理する管理者です。

参考)bitnodes

ビットコインの決済の仕組み

ではビットコインの決済はどのように行われるのでしょうか。

山田さんと田中さんの話に戻します。
山田さんが田中さんにビットコインを送ると、新しい取引記録ができます。

その取引を「元帳を管理するネットワーク」に追記するように依頼します。銀行が元帳に記録するのと同じです。

ただし、すぐに「新しい取引」が元帳に追記されるわけではありません。

承認システム「マイニング」

元帳の管理者たちは、新しい取引を元帳に記載する際に、単純ですが時間のかかる暗号を解かなければいけません

ここの暗号の詳しい仕組みに関しては割愛しますが、携帯の暗証番号を、ひたすら連打して解くようなものとイメージしていただければ問題ありません。

ちなみに元帳に新しい取引を追記すること(繋げること)をマイニングといいます。

マイニングやコンセンサスアルゴリズムついて詳しく知りたい方は、下記のリンクで解説しています。

【図解】誰でもわかるビットコインのマイニングの仕組み 【図解】誰でもわかるプルーフ・オブ・ワーク(proof of work)の仕組み

マイニングの意味は?

マイニングで見事暗号を解くことができると、報酬が配布されます。なんと12.5ビットコイン!

1ビットコインが現在80万円ほどですから、おおよそ2000万円!とんでもない額が配布されます。
ただし、解くだけではいけません。暗号を解いた速度が一番早い人に報酬が与えられます。とても厳しい世界です。

ただしこれだといくらでも不正ができてしまいます。暗号を解けてもいないのに「解けた!」と言ってしまえばいいわけです。

しかしそうはいきません。一番早く正解を発見した勝者の答えが正しいかを、敗者が全員で確認します。51%以上の人が正しいと認めればめでたく元帳に記載されることになります。

ビットコインの未来は明るい?

ビットコインは非中央集権で、壊すことができないという特性を持っています。また銀行よりも取引手数料が安く、海外への送金も非常に安価です。ビットコインは素晴らしいテクノロジーだと思います。

安心と言われている日本円ですが、いつどうなるかわかりません。

ミサイル攻撃を受けたら、リーマンショックのように世界経済の崩壊に巻き込まれたら、財政破綻したら、

安心が揺らいだ瞬間に通貨としての機能は崩壊する可能性があるのです。

 

5 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください