ビットコインATMの設置台数の推移や設置国の内訳を解説。買い方・使い方も。

ビットコイン(BTC)は、2018年のバブル相場が崩壊し、現在は低調な相場を推移しています。

一時期は1BTCの価格が200万円以上の値をつけたこともありますが、現在もまだ暗いトンネルから抜け出せていません。しかし、ビットコインの投機的な需要は収束していますが、依然としてビットコインコミュニティは継続的に開発を進めていますし、ATM設置台数も伸び続けています。

この記事では、ATM設置台数や設置されている国の推移を見ていくことによって、今後の将来性を予想します。「終わった」と言われている仮想通貨ですが、まだまだ成長の余地があると理解できると思います。

ビットコイン(BTC)ATMとは?

ビットコインATM(BATM)とは、自動預払機(ATM)を使ってビットコインを購入することができる据え置きの機械です。また保有するビットコインから現金に変更することも可能です。

通常我々が使用している、コンビニなどのATMのビットコイン版だと思っていただければ問題ありません。ビットコインATMは、世界の各地に設置されており、設置場所は主には小売店、居酒屋、レストラン、モール、または空港の中などです。

ビットコインATMの使い方

ビットコインを購入する場合

  1. 個人認証(本人確認)をする。(SMSやメール、指紋認証など)
    ※機械の種類によっては個人認証が不要な場合もあります。
  2. 自分のウォレットの受信先ビットコインアドレス(QRコード)をかざす。
  3. 現金を入れる。
  4. 自分のビットコインウォレットにビットコインが送付されたことを確認します。

ビットコインを売却し日本円に換金する場合

  1. 個人認証をする。(SMSやメール、指紋認証など)
  2. 引き出したい現金の額を入力する。
  3. ATMのアドレス(QRコード)を読み取り、表示された額のビットコインを送金する。
  4. 現金を受け取る。

ビットコインATMプロバイダは?

ビットコインATMを製造し販売しているのは、どのような会社なのでしょうか?

ビットコインATMを製造している主な会社は下記の9社です。かなり多くの会社がATM開発を行い普及を目指していることがわかります。

2013年に世界初のビットコインATMを発明し、設計し、出荷した会社です。ビットコインATMのパイオニアです。

詳しく見る

GENERAL BYTESは、ブロックチェーンベースのテクノロジーを、予想外の新しい場所にもたらします。 GENERAL BYTESの使命は、世界をリードするビットコインとブロックチェーンのテクノロジプロバイダになることです。 

詳しく見る

Bitcoin Depotは、急成長しているマルチ暗号通貨ATMネットワークで、ユーザーは全米の何百という場所で即座にBitcoinを売買することができます。

詳しく見る

ビットコインATMの設置国

上記の画像がビットコインATMの設置国の割合を表したグラフです。主にアメリカとヨーロッパを中心に設置されていることがわかります。

一方で日本を含めてアジア諸国はほぼ設置されていません。このようにアメリカとヨーロッパが仮想通貨普及へのインフラを徐々に普及させてきている一方で、日本はかなり遅れていると言えそうです。

ちなみに日本はビットコインATMが4台しか設置されていません。

店舗名住所
BITPoint Japan東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階
World star cafe東京都港区六本木5-1-3ゴドビル1F
ガーデンカフェ『agato』茨城県つくば市二の宮2-15-21
Future Exchange Japan福岡市中央区渡辺通1丁目1番1号 サンセルコ1F

アメリカでインターネット関連企業の多くが成功しているのは、4Gネットワークをいち早く普及できたのも一つの要因だったそうです。日本はビットコインATMの普及を官民一体となって進めるべきではないでしょうか。

ビットコインATMの設置台数の推移

ビットコインATMの設置台数の2014年からの推移です。2018年バブルが崩壊し投機需要を失いましたが、ビットコインATMの設置台数は以前として増え続けていることがわかります。

ビットコインATMが設置され続けているということは、それだけビットコインに対しての実需要が以前として高いことを表しています。2019年以降は、ビットコインは少しずつ地固めをして、投機から投資、そして実需へと移行していくと考えられます。

ビットコインの購入はGMOコイン!当サイトでも申し込みNo1

ビットコインATMの設置状況をリアルタイムで知れるサイト

ビットコインATMの設置国や設置の状況をリアルタイムで知るには「Coin ATM Rader」というサイトがおすすめです。

このサイトは、ビットコインATMが設置されている場所や、設置国の内訳、さらには設置されている端末まで知ることができるサイトです。ビットコインATMの設置状況はリアルタイムで随時更新されていきますので、非常に便利でおすすめです。

まとめ

ビットコインATMの製造会社と設置国、設置台数の推移について解説しました。

仮想通貨は「終わった」と多くの人が吐露する中で、ビットコインATMの設置台数は2018年以降も以前として伸び続けています。このように主たる需要が「投機」しかなかったビットコインが、少しずつ地固めを行い「実需」へと移行していくことを期待します。

下記のリンクでビットコインの将来性については詳しく解説しています。

ビットコイン(BTC)は今後いくらまで上がるのか? 時価総額から将来性を考える

アメリカやヨーロッパは、継続的に普及台数を伸ばしていますが、日本やアジアはまだまだ少ない状況です。仮想通貨をリードする国に日本がなるためにも、このようなインフラの整備を早急に進めるべきだと考えます。

ビットコインの購入はGMOコイン!当サイトでも申し込みNo1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください